単身赴任の引っ越しを行ったときに、業者さんへ渡す心付けの金額をどのくらいの金額にしようかと奥さんと相談しました。引っ越しとはいってもそれほどの荷物はなかったので作業に携わったスタッフは2人だけでしたし、1時間ちょっとかかっただけの作業でしたから、そんなにかしこまった礼をするべきではないと思い2人には作業中お茶を出したくらいで心付けは今回は見送りました。

上京してきたときも含め、今まで3回の引っ越しをしてきました。

理由は進学や就職と様々ですが、荷作りの大変さは毎回変わりません。

単身者が引っ越す場合、私の経験では割高になっても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うのが問題なく荷物を運べるのです。無料で手に入るスーパーのダンボールや、クラフトテープと比べれば荷物の頑丈さが違ってきます。

途中で荷物が壊れないようにするためにも、あきらめないで入手しましょう。引っ越しで住民票を移すと、必ずしなければならない手続きの代表が運転免許証の住所変更を申請することでしょう。

写真付き身分証明書として運転免許証を使うことも結構多いため、住所変更の申請も、早めに済ませましょう。

転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証だけでなく、新住民票の写し(住所変更した健康保険証や、新住所あての公共料金領収書なども使えます)を窓口受付時間内に提出し、必要事項を記入して少し待てばすぐ変更できます。引っ越しの際に大切な点は、デリケートな物を丁寧に包むという点です。電化製品で箱もあるなら、何も問題ありません。

しかし、箱を廃棄してしまった場合も多いのではと思います。
そんな状態の時は、引っ越しのプロの方に荷造りしてもらうと大丈夫です。引っ越ししようと決めたのに伴い、エアコンが邪魔になってしまいました。

普通の賃貸ですと、エアコンが装備されてます。わたしが住んでいるところは、古い寮のため、エアコンが欲しければ自分で用意しないといけませんでした。
寮じゃなく、賃貸にしとけばよかったと後悔しきりです。

引越しする際にエアコンの取り外しが全然わかりませんでした。知人に聞いたら、自分で取り外すのなんて全体的に無理だと言われたのです。そういった経緯から、エアコン取り付け業者に連絡して、新居へ持っていけるように、取り外しをお願いしたのです。いとも簡単にしていて、本当に脱帽する重いでした。

引越し業者から指示されると思いますが、引越しの前日には、前もって冷蔵庫の電源を抜くようにしておきましょう。なぜかというと、冷凍庫についた霜を溶かして、溜まってきた水を取り除くことが前もって可能になるからなのです。

前もってここまでやっておくことで、冷蔵庫を運ぶ際に、他の荷物や家の設備などに水が掛かることを防ぐという効果があります。先週末に引っ越しました。引っ越し作業が全て終わり、夕方になって部屋の明かりをつけて「ここに住むんだ」と実感がわきました。

そんなこともあって、その日の夕食は普段は食べられないようなピザの宅配、お寿司、そしてお気に入りのワインで祝杯を挙げました。

まだ残っている片付けもがんばります。
車 任意 保険 安い