雑誌やブログで評判の高いファスティングは、断食中のカロリー減により、一時的に体重の減少が見られます。
しかし、過食傾向にあった人が意を決して断食をすると、すぐにリバウンドすることが知られていますし、食欲も増して、悪循環に陥ってしまうことがあるようです。ダイエットに酵素を使う人が増えているのは、こうしたリバウンドがないからです。毎日飲むことで、体重に見合った食事なら続けてもOKなので、ストレスもありません。代謝をあげる以外にも、酵素には優れた消化機能があって、おなかの調子も良くなり、健康に良いのはもちろん、ストレスを感じないで、いつのまにか痩せる体質になっていることに気づくでしょう。
最近の話題といえば酵素ダイエットと最近よく耳にしますがどうやって行えば正しいのでしょうか?スタートとして、酵素ダイエットには酵素飲料を飲むスタイルが通例です。酵素ドリンクとは酵素が豊富に含まれた飲み物を指し、野菜やフルーツの有効成分も配合されています。
酵素ダイエットの方法はいろいろありますが、よく知られているのが、三日間ほど、酵素ドリンクと水以外は飲食しないでプチ断食を定期的に行うのがよく知られています。酵素ドリンクだけでお腹を満たすようにするので、摂取カロリーは激減します。
断食によって内臓の機能が回復するといわれています。
そのため便秘が解消します。
基礎代謝もあがるとされます。
この断食は回復食が大事です。
きちんと食べないとリバウンドの恐れがあります。1日の3食の中で、何食かを酵素ドリンクに変えるのが酵素ダイエットと言われている方法です。
例をあげると、夜だけ酵素ドリンクを飲んだり、昼食と夕食を変えるのも結構です。
ですが、いきなり3食を酵素ドリンクにしてしまうのは危険です。色々なダイエット法がありますが、それらと同じように、酵素ダイエットでも結果が出にくい時期があります。
もし、プチ断食によるダイエットをするのであれば停滞期とは無縁でしょう。
もし、二食は普通に食事を摂る方法をゆっくり行っていくならば、絶対に停滞期に悩まされます。
体は、コンディションを保とうとする機能を持っているので、ダイエットの結果がなかなか出ない時期がくるのは人間として当然です。消化・吸収・排出まですべての代謝になくてはならないのが酵素です。
毎日の補給が必要ですが、現代人の食生活では不足しがちです。不足すると代謝が低下し、そのままにしているとどんどん体脂肪がたまっていき、痩せているのに体脂肪の高い“肥満予備軍”や、“何をたべても太る”人が出てきます。
その状態を打ち破るのが酵素の力です。体の再生力や免疫力を高め、血行を良くし、睡眠・食欲のスイッチになるホルモンの生成をコントロールするなど、酵素の有効性を数え上げればキリがありません。
菜実根は民間薬としても使われてきた野草をメインにした酵素ドリンクで、黒蜜のようなやさしい甘みです。
ミルクやヨーグルトとよく合います。
ダイエットにはもちろん、食生活の乱れを補ったり、疲労体質の改善にも効果的です。
酵素ドリンクを利用したダイエットである「酵素ダイエット」は、一日にとる食事のうちの一度だけで行うのがよく行われている方法です。
食事を急激に減らすよりも早く体に馴染み、体重が戻りにくいと考えられます。
ダイエット実施中に空腹を感じる場合、炭酸や豆乳を一緒に飲んでみると次の食事までの空腹感が和らぎます。時には野菜ジュースを使ってみるといつもと違う味が楽しめるので、継続が疲れてきた方にはいいと思います。
急に体重を落としたい、といった事情のある人にとっても、適した方法が、酵素ダイエットには用意されています。一日食事を抜いて、酵素ドリンクだけで過ごすプチ断食という方法ですと、とにかく摂取カロリーが大きくカットされます。
それから代謝機能は活性化し、消化器官を休ませ、滞った老廃物を排出してしまえますので、体重が落ちるのはもちろん、見た目、お腹周りがほっそりしてくるでしょう。
酵素ドリンクのみでプチ断食を過ごすことが難しいなら、豆乳で胃壁に膜を作ったり、炭酸水で胃を膨らませるのも効果があります。